札幌市⼿稲区新発寒にある⻭科・⻭医者 タカハシ⻭科医院
一般歯科、予防歯科、歯周病治療、むし歯治療、矯正歯科、審美歯科、インプラント、義歯(入れ歯)、ホワイトニング、レーザー治療、口腔外科

受付時間 9:00〜18:00
⽕曜、⼟曜16:00まで診療
⽔曜・⽇曜・祝⽇祭日は休診

QRコードでのご予約はこちら

WEBでの予約はこちら

TEL.011-684-3237

⻭周病治療

NEWS & TOPICS

診療案内

タカハシ歯科医院 ネットご予約はこちら

携帯電話・スマートフォンならQRコードからのご予約が便利です。

BLOGドクター、スタッフの日常をご紹介

STAFF募集ブランクのある方も大歓迎!私たちと一緒に働きませんか?

医院案内

医院案内Takahashi Dental Clinic

〒006-0806
札幌市⼿稲区新発寒6条3丁⽬9-16

TEL.011-684-3237

診療内容
予防⻭科・義⻭(⼊れ⻭)・審美⻭科・ホワイトニング・矯正⻭科・むし⻭治療・⻭周病治療・⼩児⻭科
診療時間
 
9:00〜12:00 -
14:00〜18:00 -

火曜、⼟曜16:00まで診療

⽔曜・⽇曜・祝祭日は休診

※診療終了30分前まで受付しています。

デンタルローンの専門サイト

お口と全身の健康を守るために

歯周病は自覚症状のほとんどない病気です

現在、成人が歯を失う原因の6割が歯周病と言われています。むし歯に比べて症状が現れにくいため、気付かずに進行してしまうことが多いのが特徴です。
当院ではスタッフ一同で患者さんに寄り添い、様々な検査に基づき治療の計画を立て、歯周病治療に取り組んでいます。

お口と全身の健康を守るために

歯周ポケットは歯周病の始まり

歯の周りには歯肉溝という溝があり、健康な状態の時には歯ぐきにぴったりくっついていて細菌の侵入を防いでいます。しかし、歯ぐきに細菌が溜り腫れてくると、この密着が剥がされ、ポケットのような袋状の隙間ができます。これが歯周ポケットです。

歯ブラシやデンタルフロスでは袋の中まで汚れを掻き出すことができずに、歯周ポケットは細菌のすみか・たまり場になってしまい、歯周病の原因となります。

日本人の国民病「歯周病」

歯周病は、歯の周りの細菌が原因で歯ぐきが炎症を起こし、進行すると歯槽骨(歯を支えている骨)が溶かされ、最終的には歯が抜け落ちてしまう病気です。

歯ぐきから出血したり、歯がグラグラしている場合は、歯周病の可能性が高く、国民のほとんどが罹患しています。歯ブラシのみの予防法では、進行を止めるのは難しい病気ですので、検査により原因を明らかにし、対策を立てるようにしていきましょう。

むし歯と同様に定期健診が重要になります。中程度以上の歯周病の患者さまにはメインテナンスシステムが保険でも認められていますので、当院では積極的にメインテナンスを行っています。

思い当たる症状はございませんか?歯周病セルフチェックリスト

歯周病と全身疾患

歯周病が全身疾患と深くかかわっていることを知っていますか? 歯肉が膿んだ部分などから血管へ侵入した歯周病菌は、血流にのり全身へまわります。糖尿病・動脈硬化・心筋梗塞・脳梗塞・早産にも関与したり、またお年寄りに多い誤嚥性肺炎を引き起こす原因となることもわかってきています。

歯周病の検査と治療の流れ

歯周病の検査と治療は以下のような流れで行っていきます。

検査方法

口内環境の検査
お口の中の歯周病菌の種類や数は人によって異なります。まずはそういった口内環境を検査し、治療後に状態を見比べることで、お口の中の細菌がちゃんと減っているかどうか確認できます。
プロービング(歯周ポケットの検査)
歯周病は、特に初期の段階では自覚症状がほとんど出ない病気なので、歯科医療機関で検査を受けないと正確な診断を行うことはできません。
プロービングは歯周病の検査のひとつです。プローブというメモリつきの針のような器具を使用して、歯周ポケットの深さ、歯ぐきの炎症、歯石の付着状態など、歯肉の検査を行うことができます。この検査を定期的に行うことによって、歯周病を予防することができます。検査時には25g程度と非常に軽い圧しか加えませんので、痛みはほとんどありません。

治療方法

ブラッシング指導
歯周病の原因となる歯垢(プラーク)は、こびりついてしまう前なら丁寧なブラッシングで除去することが可能です。初期の歯周病なら、歯石を除去したあとに丁寧なブラッシングを続けることで治すことが可能です。プラークは食事をするたびに歯に付着しますから、毎日適切な歯みがきをしたり、歯間ブラシやデンタルフロスで取れにくいよごれもきちんと除去していくことが大切です。
スケーリング

「スケーリング」とは、「歯肉縁上」の歯石や汚れを、「超音波スケーラー」などで器械的に除去することです。歯石は、軽石のようにたくさんの穴がある構造のため、汚れが停滞しやすく、歯周病菌増殖の温床となるため、除去が必要です。

「歯肉縁上」とは、歯ぐきから上部分を指します。ここに付着した歯石は、主に超音波スケーラーを用いて、振動と水流で歯石や汚れを落とす「スケーリング」を行います。歯ぐきから上部分にあるため、目ではっきりと確認でき、容易に取り除くことができます。

歯肉縁上の歯石を除去した後は、数週間おいて歯の周りの再検査を行い、歯周病の状態を確認します。軽度の歯周病の場合は、歯ぐきから上部分の歯石の除去と、適切なプラークコントロールで、完治することがほとんどです。

SRP

SRPとは、スケーリング・ルートプレーニングの略称で、歯垢を徹底的に除去していく治療のことをいいます。
歯についた歯石を「スケーラー」と呼ばれる器具を用いて取り除きます。(スケーリング)歯石の付着度合いにより異なりますが、1~6回に分けて行います。

歯肉の奥深くまで歯石が付いてしまっている場合に行うのが「ルートプレーニング」で、この段階まで来ると、歯牙質を覆っているバイオフィルムが、細菌により強い毒素をもってしまっていますので、歯石除去とバイオフィルムの破壊を同時に行っていきます。

フラップ治療
歯周病が一定に進行してしまっている場合は、SRPのみでケアすることが困難になります。フラップ治療という歯周外科処置では、悪くなった歯ぐきを除去し、その影に隠れていた歯石や菌を綺麗に取り除いてから、必要に応じて歯ぐきの骨を補う措置をして、歯肉を縫合します。

歯周病の再発を避けるためにもメインテナンスが大切です!

歯周病は再発しやすい病気です。治療を行い、せっかく歯周病が治っても、日ごろのケアを怠ったりするとお口の中の細菌がまた増えていき、再発してしまうことがあります。歯科医院へ歯の定期メインテナンスをしにいくように心がけましょう。

〒006-0806
札幌市⼿稲区新発寒6条3丁⽬9-16

011-684-3237

アクセス便利!
新発寒7条4丁⽬バス停より徒歩2分

JR北海道バス、宮74稲積線(宮の沢⇔⼿稲駅北⼝)
「新発寒7条4丁⽬」バス停下⾞、徒歩2分

QRコードでのご予約はこちら

WEBでの予約はこちら

診療時間日・祝
9:00 ~ 12:00
14:00 ~ 18:00

火曜、土曜日の午後は16:00までの診療です。  ※診療終了30分前まで受付しています。
⽔曜・⽇曜・祝祭日は休診